あまり知られていない抗生物質。あなたの服用大丈夫?!

このサイトは抗生物質に関しての情報を案内しています。

© あまり知られていない抗生物質。あなたの服用大丈夫?! All rights reserved.

抗生物質・抗菌薬とはどういった薬で、どんな役割か種類があるのか?

怪我をしてしまったときや風邪を引いてしまったときに病院に行って処方されることがあるのが抗生物質と呼ばれる抗菌薬です。でも私達はその抗生物質の効果や作用に仕方について知らないことも多いです。今回は【抗生物質・抗菌薬とはどういった薬で、どんな役割か種類があるのか?】について解説します。

■抗生物質・抗菌薬とは何?

抗生物質の代表的なものは青カビから発見されたペニシリンです。細菌感染症に有効な薬が抗生物質や抗菌薬と呼ばれています。抗生物質・抗菌薬は病気の原因になっている細菌をやっつけてくれます。また細菌の増殖を抑制してくれるのです。従来は抗生物質と言う呼び方が一般的でしたが、近頃はもっと分かりやすく抗菌薬を呼ばれることも多いです。この方が直感的に分かりやすいでしょう。

抗生物質はいろいろな病菌に処方されます。ですが万能薬という位置づけではありません。細菌感染症以外の病気に効き目はないのです。真菌やウイルスなど細菌以外が疾病の原因になる場合は抗真菌薬や抗ウイルス薬が使われています。

■どのような抗生物質を選べばいいのでしょうか?

抗生物質はそれぞれの成分が特定のカテゴリーの細菌にだけ効果を発揮します。だから、大切なことは病状の原因となっている細菌が何かを見極めて判断することです。

想定される複数の細菌全部に効果的な抗生物質があれば、別に検査をする必要はありません。ですが、中には原因となる細菌がハッキリと分からない症状もあります。単独の抗生物質だけでは対処が困難だと想定される場合は、患者様を血液検査したり尿検査をします。そのサンプルを使ってどの抗生物質が有効かを検査するのです。

抗生物質の効果は感染している箇所へ届く量・血流へ入る速度・代謝される速度に依存します。こういった要因に関しては人それぞれによって違います。また服用している薬によっても異なります。罹患している病気や年齢の関連があります。

このことから抗生物質が投与されても、想定される効果がでるとは断言できません。これが難しいところです。感染症の重症度や性質・想定される副作用やアレルギーの有無もあります。そして抗生物質を使う場合の薬代もあります。決して安い金額ではありません。こういった要因を考え合わせて医師が慎重に抗生物質を決定しているのです。

■抗生物質はどのように使えばいいのでしょうか?

抗生物質はまずは単独で使って様子を見るのが一般的です。経過観察をして効果が芳しくない場合は抗生物質・抗菌薬を変更してゆきます。次のような場合は初めから複数の抗生物質を投与することがあります。

(1)患者様が重度の感染症にかかったばかりのときで、細菌の抗生物質に対しての感受性がわからないケース
(2)単独の抗生物質では細菌がすぐに耐性を持ってしまう種類の感染症のケース
(3)複数の細菌が原因になっている感染症を罹患していて違う抗生物質に感受性があるケース

こういった場合でも抗生物質は感染症の原因になっている細菌が体感から綺麗に完璧に廃除されてしまうまで使用しなければなりません。感染症の症状がなくなった場合でも体内には細菌が残っていることもあるのです。症状の有る無しに関係なく勝手な判断をシロウトが下してはいけません。医師が指示した期間は抗生物質をキチンと飲み続けてください。

患者様の勝手は判断で抗生物質の服用をやめてしまうと感染症がぶりかえすこともあります。そうなると同じ抗生物質が効かなくなる耐性菌ができてしまって危険です。

20177/24

風邪を引いた場合でも抗生物質が効かない場合もある危険性

11月頃になると本格的に風邪の症状がでたりインフルエンザのウイルスにかかる人が多くなります。テレビでも季節の風物詩のように報道されます。もし…

20177/24

抗生物質が効かない細菌が増えている理由はどこにあるのか?

私達が抗生物質と聞くと何でも聞く特効薬みたいな切り札に思っていることがあります。近頃は抗生物質を抗菌薬と呼ばれることもあります。人間を昔から…

20177/24

抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌の増殖スピードを抑える活動

抗生物質は上手に使えば効果がでますが、使い過ぎるとやっかいな問題を引きおこします。今回のテーマは【抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌の増殖…

20177/24

抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌と抗生物質の種類

新しいことばがでてきましたので「耐性菌」について解説しておきましょう。 細菌も他の生物とまったく同じです。環境に応じて少しずつ変化をしてゆ…

ページ上部へ戻る