あまり知られていない抗生物質。あなたの服用大丈夫?!

抗生物質などの危険性・知識を案内しています。

© あまり知られていない抗生物質。あなたの服用大丈夫?! All rights reserved.

抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌の増殖スピードを抑える活動

抗生物質は上手に使えば効果がでますが、使い過ぎるとやっかいな問題を引きおこします。今回のテーマは【抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌の増殖スピードを抑える活動】です。2015年11月16日から22日を抗菌薬啓発週間としたのです。

世界保健機関WHOは世界各国で抗生物質の適正な利用を呼びかけた!

日本でも国立国際医療研究センター国際感染症センターが中心となっています。医師や一般市民に適正使用を呼びかけています。私達のこころがけによって耐性菌が増殖するスピードは弱めることができて、現在ある抗生物質・抗菌薬をできるだけ長期間利用できることになります。WHOが啓発している4つの原則をご紹介しましょう。

求めない

医師に薬を処方してもらうことは当然ですが、できるだけ症状に対して効果があるものだけをもらいたいです。気になることがあれば医師に相談しましょう。医師の中には意味がなくても欲しがる人が多いから処方する人もいます。

抗生物質・抗菌薬を飲むならばキチンと飲む

処方された薬は残す事なくきちんと飲みきることが重要です。細菌を殺すために適切な量が処方されます。症状が改善されたと思っても、薬を飲むことをやめてはいけません。確実に細菌を死滅させることが大事です。それをしないと生き残っていた細菌が耐性を持ってしまいます。

もらわないこと

親切な気持ちからだと思いますが、抗生物質をくれそうな人がいても断りましょう。そして、残った抗菌薬・抗生物質は捨てるようにアドバイスしましょう。そうすれば抗生物質は長く使える可能性が増えます。

あげないこと

前項の逆パターンです。病気の症状を判断できるのは医師です。抗生物質・抗菌薬は市販の風邪薬ではありません。医師でない人が勝手な判断をして抗菌薬を他人に渡すことはやめましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

20177/24

風邪を引いた場合でも抗生物質が効かない場合もある危険性

11月頃になると本格的に風邪の症状がでたりインフルエンザのウイルスにかかる人が多くなります。テレビでも季節の風物詩のように報道されます。もし…

20177/24

抗生物質が効かない細菌が増えている理由はどこにあるのか?

私達が抗生物質と聞くと何でも聞く特効薬みたいな切り札に思っていることがあります。近頃は抗生物質を抗菌薬と呼ばれることもあります。人間を昔から…

20177/24

抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌と抗生物質の種類

新しいことばがでてきましたので「耐性菌」について解説しておきましょう。 細菌も他の生物とまったく同じです。環境に応じて少しずつ変化をして…

ページ上部へ戻る