あまり知られていない抗生物質。あなたの服用大丈夫?!

抗生物質などの危険性・知識を案内しています。

© あまり知られていない抗生物質。あなたの服用大丈夫?! All rights reserved.

20177/24

抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌と抗生物質の種類

新しいことばがでてきましたので「耐性菌」について解説しておきましょう。
細菌も他の生物とまったく同じです。環境に応じて少しずつ変化をしてゆきます。日々進化しているわけです。今の世の中では感染症になれば抗生物質が投与されるのが一般的です。細菌が抗生物質・抗菌薬に接触することも多いです。それによって抗生物質が効かない細菌である耐性菌が出現してくる可能性がどんどん高くなってきます。

構成菌を出現させないようにするには……

医師から指示された期間はしっかりと抗生物質を服用することが大切です。体の細菌を完全に廃除しておかなければならないのです。

抗生物質の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

代表的なものをご紹介しておきましょう。

アミノグリコシド系           :大腸菌などによる感染症に有効です
カルバペネム系                  :敗血症、肺炎などに有効です
フルオロキノロン系            :細菌性下痢などに有効です
グリシルサイクリン系         :他の疾患に合併した腹部感染症などに有効です
マクロライド系                   :レンサ球菌感染症などに有効です
モノバクタム系                 :グラム陰性菌による感染症などに有効です
ペニシリン系                     :広範囲の感染症などに有効です
ポリペプチド系                 :耳、眼、皮膚、膀胱の感染症などに有効です
スルホンアミド系                :尿路感染症などに有効です
第1世代セファロスポリン系:皮膚などの感染症に有効です
第2世代セファロスポリン系:呼吸器感染症などに有効です
第3世代セファロスポリン系:皮膚などの感染症などに有効です
第4世代セファロスポリン系:シュードモナス感染症などに有効です
第5世代セファロスポリン系:他の疾患に合併した皮膚感染症などに有効です
テトラサイクリン系             :梅毒などに有効です

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

20177/24

風邪を引いた場合でも抗生物質が効かない場合もある危険性

11月頃になると本格的に風邪の症状がでたりインフルエンザのウイルスにかかる人が多くなります。テレビでも季節の風物詩のように報道されます。もし…

20177/24

抗生物質が効かない細菌が増えている理由はどこにあるのか?

私達が抗生物質と聞くと何でも聞く特効薬みたいな切り札に思っていることがあります。近頃は抗生物質を抗菌薬と呼ばれることもあります。人間を昔から…

抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌の増殖スピードを抑える活動

抗生物質は上手に使えば効果がでますが、使い過ぎるとやっかいな問題を引きおこします。今回のテーマは【抗生物質・抗菌薬が効かなくなる耐性菌の増殖…

ページ上部へ戻る